〒615-0846

​京都市右京区西京極徳大寺団子田町64 

京都アクアリーナ1F

株式会社GENKI

Genki REHA

​☎︎ 075-315-2127

医者に通っているけれど、痛みがつづく…
医者に行くまでもないけれど、違和感がある…
手術をしろと言われたけれど、切りたくない…
リハビリ終了と言われたけれど、リハビリを続けたい…

そのような不安や悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。
GENKIは、その不安や悩みにお応えするプロフェッショナルな専門集団です。


『局所でなく全体を 身体でなく身心を』

すべてのメンバーが共有するこのモットーを基に、根本原因を明らかにし、それぞれに応じた『カスタムメイドな治療』を行います。

また患者様の話を十分に聞き、寄り添い、ともに歩む

『やさしい医療』を展開します。

そして最終的にはケガや病気をしない身心をつくり、地域に元氣の花を一杯咲かせたいと思っております。


代表取締役 吉村 直心

【略歴】

1993年 同志社大学経済学部卒

        ラグビー部在籍

1994年 (株)ワールド入社

        ラグビー部在籍

1998年 (株)ワールド退社

     横浜市スポーツ医科学センター勤務

2002年 東京衛生学園理学療法学科卒業

     宝塚 双愛整形外科入職

2003年~2009年 同志社大学ラグビー部コーチ

2005年 京都 やまぎわ整形外科入職

2008年 げん氣整骨院 開院

2015年 Genki REHA 開院

【学会実績】

□FTEX Institute 第10回全体研修会(平成19年7月14日-15日)

「膝OA患者に対する機能的アプローチ」

 

□スポーツ選手のためにリハビリテーション研究会 講習会

(平成20年7月20日神戸)

「コンタクトスポーツにおける腰痛とその予防」

 パネルディスカッション「効率的な動きを作る」

 

□スポーツ選手のためにリハビリテーション研究会

第26回研修会シンポジウム

(平成20年11月22日-23日 東京)

「スポーツ選手にとって重要な動きづくり-体幹機能に着目して」

「当たり動作に必要な体幹機能トレーニング」

 

□FTEX Institute 第13回全体研修会(平成22年9月5日-6日)

「体幹機能改善のために何をする?」

 

□保健医療科学研究会 筋膜リリースの理論と応用

(平成23年 7月2日-3日)

 

□FTEX Institute 第15回全体研修会(平成24年9月1日-2日)

「関節不安定性がもたらす動作への影響 ACL損傷を取り上げて」

 

□スポーツ選手のためにリハビリテーション研究会 第31回研修会

 「下肢筋機能改善のためのエクササイズ」(平成25年11月 神戸)

 

□関西肩コラボレーションミーティング

肩脱臼後の競技復帰を考える

(平成27年9月27日)

 

□FTEX Institute 第19回全体研修会(平成28年5月)

「変形性膝関節症 O脚に対する運動学的アプローチ」

【トレーナー活動】

□男子7人制ラグビー世界学生選手権 ブラジル(平成26年8月)

□リオデジャネイロオリンピック

日本選手団(ライフル射撃)(平成28年8月)

病院に行ったけど湿布だけ…今後どうしたらいいのかわからない方は大勢いらっしゃると思います。
私は学生時代バトントワーリングをしていて腰痛に悩まされ、思うように競技ができませんでした。
最後まで解決する方法がわからないまま…
「同じことをしていても痛くなる人と、そうでない人の違いはなんなのか?」
その疑問を解決したい、同じように悩んでいる方の力になりたいと思いました。
また祖母が膝人工関節置換術をしたのですが、リハビリを思うようにできず生活レベルがどんどん落ちていきました。
本当は元氣になって旅行に行ったり、より楽しく過ごすために手術したはずなのに…
​そんな方が増えてほしくありません。
いつまでも元氣に、楽しく心豊かに生活
全力で安心してスポーツができるように
私たちの精一杯でサポートしていきます。
 
痛みやケガのないカラダ作りをし、笑顔いっぱいの毎日になるように
心もカラダも本当に元氣になっていくことを皆様に実感して頂けるよう全力を尽くします。
自分の身体が変わっていく喜び、感動を一緒に体験していきましょう!
​Genki REHA 院長 後藤 真澄
身体の痛みや歪み、スポーツの怪我などで不安な毎日をお過ごしではありませんか?
そんな悩み
を私たちが改善させます!!
施術はもちろん再発予防の為のエクササイズ指導もしっかりさせて頂きます。
げん氣整骨院で心も身体も元気になりましょう♪
​隈下 加菜